ストレスが引き起こす眼精疲労

 

眼精疲労は単に目を使いすぎたときだけに起こるのではなく、過度のストレスを受けた時にでも起こり得るため、日ごろから目の疲れや痛み、頭痛もしくは吐き気などの症状を感じやすい人は体の疲れをリフレッシュすることを念頭に置くと良いでしょう。
ストレスがどうして眼精疲労を引き起こすのかと言うと、自律神経が乱れることによって身体の血行が阻害され、首周りや肩周りの筋肉が強張ってしまうことが関係しています。すると目の周辺に流れ込む血液量も減少し、疲れ目や肩こりからくる頭痛や吐き気などの症状を感じやすくなるという仕組みです。
そのため眼精疲労を解消したいときにはまず体をリラックスさせることが大切となります。可能であるならば仕事を休憩してストレッチなどで体をほぐし、血行を促進させましょう。深呼吸や腹式呼吸を行うことで自律神経の乱れを軽減してリラックスすることが出来るため、辛い症状を感じているときにおすすめです。
また、日ごろから早めに就寝して質のよい睡眠を確保したり、気持ちのよい発汗が望めるエクササイズを行うことによってストレスを軽減していくことが出来るでしょう。辛い眼精疲労を感じているときにはホットタオルで目元や首周りを温めるのも有効です。