眼精疲労に効果的な成分:ビタミンA

 

目が疲れたままの状態や目が痛い状態が続き、場合により目以外の体の箇所にも異常をきたす「眼精疲労」は誰しも陥る可能性があります。「眼精疲労」を避けるために、普段から目にいい食べ物を食べてましょう。目にいい食べ物といえば「ブルーベリー」が有名です。なかなか毎日は食べれません。実は、もっと気軽に食べれる目にいい食べ物が身近に存在します。ビタミンAを多く含む食べ物です。このビタミンは強い抗酸化作用を持ち、体にとっても必要な栄養素ですが、目にとっても重要な成分です。目に潤いを与え、目の粘膜を強くしてくれます。積極的に食べることで、目の粘膜に必要なロドプシンという色素を構成している成分を摂取することができます。ビタミンAは涙の分泌にも関わっている栄養素なので、ドライアイの人には意識的に摂取してもらいたいです。ビタミンAを多く含む食べ物は、にんじん、かぼちゃ、にら、小松菜などの緑黄色野菜です。うなぎやレバーにもたいへん多く含まれています。にんじんやかぼちゃなら、低価格で簡単に手に入ります。毎日のメニューに加えても違和感の無い食べ物です。日頃から目の健康維持を心がけ、バランスの良い食生活を送りましょう。